HAYABUSA脱毛とは、いわゆるメディオスターのことです。

メディオスターとは、「痛くない」ということで、2016年から多くの脱毛クリニックが導入しはじめた脱毛器です。

湘南美容外科もゴリラクリニックもメディオスターを導入したので、気になっていたのですが、今回、KM新宿クリニックで試してきました♪

こちらがメディオスターさんです。
medeio

写真、ぼやけちゃってますが、シブい青にベージュのボディで、新品感が伝わってきます。

実際に受けてみたところ、確かに痛みはかなり優しいです。

例えば、ゴリラクリニックでは、バヂンッ!っていう太めの輪ゴム鉄砲のような痛みだったのですが、これは、ジッってしみいるような痛みです。痛みの種類は電気系の痛みです。・・・抽象的で分かりづらいかもしれませんが、光脱毛よりも痛みが柔らかい感じがします。

私が受けたのは、こちらの鼻下の部分です。
km-sejutu

施術後30分以内に撮っていますが、赤みが無いですよね。

この鼻下の部分は、脱毛するに当たって、人間の全部位の中でもかなり痛みを感じやすい場所だそうです。

光脱毛のa4(エーフォー)で受けたときは痛いなと思ったのですが、それよりは痛みが少ないです。

温度で言えばクリニックの脱毛器で施術すると、一瞬の温度が250℃ぐらいなんですが、メディオスターは100℃ぐらいだそうです。光脱毛は70℃~と聞いています。

一瞬でも250℃って、それは痛いわけです。
100℃でも痛いでしょうが、温度だけで言えば、半分以下の温度です。

痛みの感じで言えば、メディオスターでは「痛いので、ベッドをギュッとにぎる」、「脂汗がにじんでくる」っていうようなことがありませんでしたし、5分の1とか、それぐらいでしょうか?

湘南美容外科もゴリラクリニックもメディオスターを導入しているので、ぜひ、検討してみてくださいね。